ビザについて


ビザについて

ビザの種類

 

短期滞在
短期滞在(6ヵ月以内)目的の場合
日本国籍を有する者がカナダに入国する場合、観光・知人訪問・出張などの目的であればビジター扱いとなります。この場合、通常6ヵ月以内の滞在が認められます。その期間内であれば、学校に通うことも可能です。滞在ステータスは観光(Visitor)となります。

長期滞在
6ヵ月以上滞在される場合は、就学ビザ(Study Permit)若しくは 就労ビザ(Work Permit)の申請が必要となります。
詳細はCanada Immigrationのサイトをご査収ください。
eTA(電子渡航認証)
eTAは2016年3月15日よりカナダ入国ビザが免除されている国籍の方が、カナダに空路で渡航する際に必要となる新しい要件です。eTAはご本人のパスポートに電子的にリンクされ有効期間は最長5年間、またはパスポートの有効期限までとなります。申請はオンラインにて数分で行えます。申請料は7カナダドルです。
eTAの詳しい情報の入手及び申請はCanada.ca/eTAをご利用ください。
ワーキングホリデー
30歳の誕生日までの申請が必須となっていますが、1年間まで、働きながらカナダに滞在できるビザです。
詳細はCanada Immigrationのサイトをご査収ください。

 

 

ビザの延長・切り替えについて

カナダ滞在中、ビザの有効期限を超えてしまうと不法滞在となるため、 延長してカナダに滞在したい場合は、ビザの延長や、他のビザへの切替申請をしなければなりません。
切替・延長申請はカナダ国内での申請と、カナダ国外から申請して、一度出国してから再入国してビザを発行してもらうことも可能です。
詳しくは右記サイトをご査収ください。 http://www.cic.gc.ca/english/visit/extend-stay.asp

 

ビザを取得された方のバンクーバー空港での入国審査

学生ビザ、ワーキングホリデービザなど、ビザを取得された方の入国審査の順路をご案内します。
カナダでは6ヶ月以上滞在する場合、ビザが必要です。
日本でカナダ大使館へ申請し、”許可のレター”を入手します。これまでレターを持っている方は、観光客と同じく入国審査を受け、その後イミグレーションオフィスでビザの手続き行いました。現在は変更されています。

バンクーバー空港ではビザのレターを持っている方は入国審査を受けず、直接イミグレーションオフィスへ行きます。
飛行機から降りて入国審査場のフロアに降ります。入国審査のラインに並ばず、エスカレーター横の入口から通路を通り、直接イミグレーションオフィスへ入ります。イミグレーションオフィスで入国審査を同時に受けます。

そして、荷物を取って通関、後はこれまで通りです。間違って入国審査を受けても問題ありません。
ただし、入国審査とビザの手続きに時間がかかりすので、乗り継ぎのある方は、時間短縮のため専用通路を利用してください。

 

バンクーバー空港内部 バンクーバー空港内部
 
トップへ戻る